新聞記事下広告の原稿サイズのしくみ


記事下広告のサイズの仕組み

新聞の段組みの仕組み

新聞紙面の記事は「段」というブロックで構成されています。もともとは、1ページの縦幅を15分割したブロックが「1段」と呼ばれ、この「段」を元に記事や写真をレイアウトして紙面は作られます。広告もこの「段」という単位を用い、縦のサイズは「2段」「5段」などと呼ばれます。新聞広告はこの1段あたりの金額(段単価)をもとに掲載料金が計算されます。

新聞の1段とは

しかし高齢化社会に向けて新聞の文字を大きくした「12段組」が登場し、導入する新聞社が増えてきました。これにより1段のサイズが1/15から1/12となり、1段あたりのサイズは大きくなりましたが、これらは全て新聞記事の話で、新聞広告に関しては今までの15段組で料金を算出するダブルスタンダードとなっています。これは主に広告掲載料が関係しており、長期契約クライアントの掲載料をどうするかといった問題や、同面積の広告でも減段となることでの掲載料低下の問題など、様々な理由があります。

新聞記事下広告の原稿サイズの仕組み

上記により新聞広告は、紙面の縦を15分割した「15段組」となっており、この段数が記事下広告の縦の単位となります。横のサイズは1ページの横幅を何分割したかで表します。1ページの半分の横幅なら「1/2」となります。

例えば新聞1ページを丸々使った全面広告は、縦が15段、横は1ページの横幅を最大限使うので「全15段」と呼びます。縦が5段で横幅は1ページですと「全5段」、全5段の横幅を二分割すると「5段1/2」、「5段1/2」の縦が2段分だと「2段1/2」となります。新聞社によって、「1/2」を「2割」と呼ぶ場合や、「5段1/2」「2段1/2」を「半5段」「半2段」と呼ぶ場合もあります。

 

また、JapanTimesなどの英字紙の場合、横幅を段(コラム・col)と呼び、縦と横が逆転している場合もあります。新聞広告には他に、臨時物と呼ばれる「お詫び広告(謹告)」「ご不幸広告(黒枠)」などがありますが、これらは原稿内容によって横幅が0.5cmから1cm刻みで変わります。

 

>ご不幸広告については「おくやみナビ.com」を参照下さい。

>お詫び広告については「おわびナビ.com」を参照下さい。

新聞広告全15段
新聞広告全5段
新聞広告5段1/2
新聞広告2段1/2

記事下以外にも、お詫び広告(謹告)、お悔やみ広告(訃報広告・葬儀広告)、求人広告など、広告内容によってサイズの仕組みは異なります。詳しくは下記弊社までお問い合わせ下さい。

朝日新聞での求人広告・お悔やみ広告・お詫び広告はこちら

広告掲載のお問い合わせ・お見積もりはこちら

広告掲載のお問い合わせ・お見積もりはこちら

>新聞広告ナビトップに戻る